2013年05月03日

柳が消えてもヤマメの渓で・・・(5寸男・再び参上!)


■美山川・河内谷特別区
■2013−5−3(金)晴れ
■ヤマメとあまご(17匹・・サイズは前回同様。)
■同行者1名
5日前に5寸前後が爆釣となった美山河内谷・・・振り返ると払い出しに出ていた5寸前後に気をとられて7寸・8寸を沈黙させてしまったか?と言う反省が残る。
GWの後半もまたまた高速が使えない状況でもあり、この反省を確かめたくなって性懲りも無く出向いてしまった。
しかし、この数日の冷え込みで前回10℃の水温は9℃を切ってドライフライには厳しい状況・・・・この為なのか前回程の『入れポン』ではなかったが、それなりに魚は顔出ししてくれた。
結局のところ・・・どこをどのタイミングで狙おうが8寸には御目文字できず、サイズはやはり5寸中心の6寸止まり・・・
このまま頑張って夏を越えて残ってくれれば秋にサイズアップの期待は持てるが、ここは[お持ち帰りの釣り客]が主体である故、願っても難しい状況と察する。
この渓が解禁するたびに毎回想うことではあるが・・・
ネコ柳が消え様が、「まぁ・・何匹かは残して絶やさん様にせんと!・・・ねっ!(笑)」

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 21:13| Comment(3) | 京北に行く | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

柳が消えたヤマメの渓


■美山川・河内谷特別区
■2013−4−28(日)晴れ
■ヤマメとあまご(7寸=ピピッと、6寸=ちょびっと、5寸前後=わんさか・・)
■同行者3名
3年ぶりに解禁となった美山河内谷・・・これを聞くとどうしても上流部のヤマメが気になってくる。
GWの前半で高速も使えない状況のベストスポットとして、いつものメンバーにテンカラ師を1名加えた4名が各々現地に集合して思うがままに全域を釣ってみた。
果たして・・・・確かに、下がり過ぎると成魚放流が混じるが、上流域のヤマメはサイズ的には今ひとつながらも、一部で『入れポン』状態となり5寸前後の数稼ぎには申し分の無い状況で[それなりに健在]であったと言える。
しかし、毎回この渓に出向くと思う事でもあるが・・・少々(調子に乗って)小物の数を稼ぎ過ぎたかも?(反省!)
「ホンマ・・こんなことしとってエエんかぃ?(他の渓で罰当たるし!)」

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 16:20| Comment(2) | 京北に行く | 更新情報をチェックする

2013年04月20日

寒の戻りで管(釣)へと戻り??


■猪名川・北田原虹鱒釣り場
■2013−4−20(土)午後から晴れ曇り小雨
■虹鱒だけ・数はそれなり
■同行者なし・(ichr君に現地で遭遇)
先週に渓流開幕してから好天気が続き、「この週末もどこかの渓で・・」と目論んだところ、予期せぬ寒の戻りとなって出鼻を挫かれる状況に陥ってしまった。こうなれば長らくご無沙汰のライズハンティングを期待していつもの管釣りへと出向いたものの、寒暖の差が激しい今春を象徴する如く、管釣の魚達も動きにまとまりなくライズも散発・・・・
結局はライズハンティングを諦め、イマジャーによる比較的活性の高そうな魚のサイトフィッシングが中心となった・

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 19:41| Comment(3) | 近場でちょっと・・・ | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

記憶を辿る朽木の渓々・・・2013年渓流開幕


■安曇川中流支流域(針畑川・麻生川)
■2013−4−14(日)晴れ曇り
■あまご3匹+0.5?、ちびイワナ1匹、チビあまご2匹
■同行者2名
一昨年の愛知川、昨年の安曇川上流と開幕でズッコケる状況が続いており、「どぉ〜せコケるんやったら・・」と記憶の底に眠る朽木3河川を候補に挙げた。往路の車窓から見える安曇川上流はカゲロウシーズンの春陽眩い春の渓だが、昨年この景色に騙された為に見ぬふりをして通過・・・・
そして、約30年ぶりに訪れた朽木3河川(針畑川・北川・麻生川)の記憶更新と意気込んだが、先週末から冬に逆戻りした様な冷え込みが一週間続き、これが影響したのか今年もドライフライで苦戦を強いられる渓流開幕となった。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:33| Comment(2) | 湖西に行く | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

2013年 初釣り(厳寒の釣り=撃沈)


■猪名川・北田原虹鱒釣り場
■2013−1−4(金)午後から晴れ曇り
■虹鱒・イマージング2匹、ルースニング3匹・・
■同行者1名
昨年同様ichr君との初釣りに出向いて見たまでは良かったが、正月に入っての寒波襲来・・・
これがマトモに影響したのか、ガイドが凍る・ラインはザラザラ・寒いのなんので釣意喪失に近い状況・・・しかもこれに反する如く釣り場は満員御礼満杯状態で竿出しする釣座も選べない。
正直申して・・・十年に一度有る無しの「止めといたら良かった!」釣行となった。

<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:05| Comment(6) | 近場でちょっと・・・ | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

禁漁直前、調査を兼ねた五目釣り・・


美山川・佐々里F&L特別区
■2012−9−29(土)晴れ曇り
■チビ三昧・雑魚三昧
■同行者1名
先週閉幕を逃したichr君・・何が何んでも行きたくて仕方が無い様で夜明けとともに入渓すると聞き、私も遅出で付き合うことにした。
しかし、先週一足先に閉幕を宣言したこともあり、今日はグラスロッドでループ作りのお稽古がてら当歳魚の状況と産卵準備をする魚が居るか否かの確認が目的・・・
つまりは釣る気などそっちのけの遊び半分で出向いたものの、結果は色々と発見もあって釣果度返しで楽しめた釣行となった。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)

<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:53| Comment(10) | 京北に行く | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

Autumnal Equinox(秋の彩りに傾く渓)


■千代川流域
■2012−9−22(土)・秋分の日曇り晴れ曇り
■あまご1匹、茶ワナ1匹、チビ少々
■同行者1名
急遽決定した茶ワナ探索・・殆ど眼中になかった玉砕連発の千代川水系・・
あの渓の初秋の雰囲気に浸りたい想いもあり、薄々ダメと解っていながら出向いて見た。
結果はやはり予想通りで神の恵みを頂くに留まり、この渓の厳しさを再認識したシーズン閉幕となった。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:06| Comment(4) | 因幡に行く | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

秋立つ渓でもチビヤマメ・・


■天増川
■2012−9−15(土)晴れ曇り晴れ
■ヤマメ7寸2匹、6寸1匹、5寸〜チビヤマメそれなり・・
■同行者2名
先週に続いて3人釣行・・メンバーも先週同様、八東川の玉砕組・・・
西での貧果を取り戻すべく、最も手堅い東の渓を選んだつもりだが、やはりこの時期は何処も似た様なもので魚影の著しい偏在は否めない。
入渓直後にラッキー区間を引き当てて波に乗るかと思いきや、瞬時に閉ざされて再びチビの顔出しに苦笑するしかなく夕刻を迎えた。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)

<詳細を見る>
posted by bacoon at 21:19| Comment(4) | 湖北に行く | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

イワナに振られ、来期のヤマメに先行予約・・・


■八東川流域
■2012−9−8(土)小雨曇り晴れ
■ちびヤマメばっかし!
■同行者2名
久しぶりの3人釣行・・しかし、一人は今シーズンに初陣を果たした者でもあり『激戦区の様子見』に参画させるのは気の毒に感じたが、最初の渓でビギナーズラックに救われた為、前回果たせなかった『激戦区の様子見』に協力願うこととした。
結果は予想通りのド貧果で夕刻を迎え納竿・・・
ビギナーはこの時期の渓釣りの厳しさを知り、ロートルは時代遅れの先入観をキッパリ捨て去る踏ん切りが付いた釣行となった。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)

<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:31| Comment(4) | 因幡に行く | 更新情報をチェックする

2012年08月25日

あまごもヤマメも酷暑でへろへろ!?


■天増川
■2012−8−25(土)晴れ晴れ晴れ
■ヤマメとあまご6寸前後8匹、5寸前後ポツポツ、4寸前後のチビは少々うんざり目・・
■同行者1名(現地集合)
漸く週末が休める様になり、夏を取り戻す様に出向いてみたが・・・
やや渇水気味に加えて、想像を絶する高水温が待ち構えていた。
こうなると私も魚も酷暑でへろへろ・・・
しかし夏バテのお魚も餌は喰わずに居られまぃ・・・
そんな就食行動を逆手にとった、気の毒な釣り方となってしまった。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 21:53| Comment(3) | 湖北に行く | 更新情報をチェックする