2014年09月27日

¥山・丈捕(たけとり)物語 ・・・・2014年渓流閉幕


■¥山川本流
■2014−9−27(土)晴れ
■ヤマメ(9寸超え)1匹、後は小物のあまご・・
■同行者なし
このブログ始まって以来、お初となる無謀な本流一発勝負!
持ち込んだのはウェットフライ総動員・・・
出立前に作戦を立て、それに則り行動してみた。
水温のピークは23℃・・・
最後の最後で、今年通い詰めた¥山川の女神によるお慈悲に救われた様な気がする。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)

<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:00| Comment(4) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

想いを馳せた渓の秋


■¥山川流域
■2014−9-13(土)晴れ
■ヤマメ(8寸ジャスト)1匹、後は小物を少々・・
■同行者1名
久しぶりに同僚のテンカラ師との釣行・・・
今シーズンの¥山流域で一番注目した支流の秋を見に行った。
やはり、釣り人が少ない¥山でも人気の渓だけあって、この時期魚影は厳しさが伺える。
しかし、来シーズンに楽しませてくれるであろうチビも多く確認できた。
そう言う意味では来期も期待できる流れと思う。

<注記>
公開が2週以上遅れてますので、日付に留意してお読みください。


(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:47| Comment(0) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

新調ロッドのお試し釣りで、日没直後にスイッチ・オン!


■岸田川上流域
■2014−7−26(土)晴れ
■8寸超え(ヤマメ・イワナ各1匹)、6寸前後のイワナそれなり・・
■同行者1名
既に机上編に記載した新調ロッドのお試し釣り・・・
行き先はこの時期の厳しさを踏まえた思案の挙句、最も内情を良く知る渓が安全と見立てた。
こうなると今シーズンお世話になっている但馬地方で旧知の渓・・・
イワナの復調を期待して4年ぶりに出向いて見た。
結果は、新調ロッドの入魂もしっかりできて一安心・・・・
しかし、イワナの復調はまだまだである。

<注記>公開が2週以上遅れてますので、日付に留意してお読みください。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)

<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:05| Comment(0) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年07月20日

リール装着リベンジは・・・ものの見事に返り討ち!!


■¥山川流域
■2014−7−20(日)雨晴れ雨晴れ
■小ぶりのヤマメが2匹だけ・・・(ありえへんし!)
■同行者なし
前回はフライリールを忘れる大失態・・・
今回はしっかり準備して出向いたものの・・・
前半のヤマメ狙いも不発で終わり、後半の本命場所でイワナの顔出しは全くなし!
イブニングの日没直後にイワナのスイッチオンを期待したが小マメの前座で幕引き・・・・
前回はリールを忘れて30分の余興釣り・・・
今回は道具万全で日没までドップリ・・・・
しかし、釣果は大差なし・・・・・ホンマ!ありえへんし!(怒)

<注記>公開が3週以上遅れてますので、日付に留意してお読みください。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 21:24| Comment(0) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

抜け駆けの天罰・・(フライリールを忘れた日)


■¥山川流域
■2014−7−12(土)晴れ
■突貫製作のリーダーフィッシングでイワナ3匹
■同行者なし
表題の如く、フライフィッシングが成立せず、余興の実釣30分・・
前日釣り仲間と「今週末は見送る」・・と決めたにも関わらず、抜け駆けした者に下った天罰と言えよう。

<お断り>一週遅れのアップです。但し、お読み頂いても概ね時間の無駄である事をご承知置き下さい。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 19:38| Comment(2) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

イワナの渓の夏の面持ち・・


■¥山川流域
■2014−6−14(土)晴れ
■ヤマメ1匹、イワナ2匹、小ワナそれなり
■同行者なし
朝遅めに出て午後からの釣り・・・
4月下旬に釣った区間の夏の面持ちを調べて見た。
やはり夏は相当に厳しくなることが伺えたが、釣りにならない事は無いと思える。
まぁ、一般的な北近畿の渓と言えるかもしれない。

<注記>公開がほぼひと月遅れですので、日付に留意してお読みください。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)

<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:56| Comment(0) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年05月31日

灼熱本流一直線!


■¥山川本流
■2014−5−31(土)晴れ晴れ晴れ
■ヤマメ8寸(捕り損ね)、7寸(←なんでや!)4匹
■同行者なし
前回イブニングでフラッタリングに出たヤマメ・・・・
大失態で取り逃がした為、これが不完全燃焼となって燻り続けた。
¥山川流域も6月1日に鮎解禁で本流を狙うならラストチャンスの土曜となる。
微かな望みに老体に鞭打って出向いたものの、この時期に想像を絶する灼熱本流となっていた。
結果として魚の顔を拝めたのはラッキーだったが、やはり小物釣師には本流でも・小さめ・しか相手にしてくれず、悶々とした想いを残す釣行となった。

<注記>公開が一週以上遅れおりますので、ご覧頂くに際しては日付に留意願います。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)

<詳細を見る>
posted by bacoon at 23:57| Comment(0) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年05月24日

濁る本流、顔出すヤマメ・・・


■¥山川支流域(先々週の支流再確認と本流探索)
■2014−5−24(土)晴れ
■ヤマメ8寸1匹(バラシ1回)、あまご7寸1匹に5〜6寸そこそこの数・・・
■同行者なし
¥山川流域もそろそろ初夏の雰囲気が漂い始める頃・・・
鮎解禁が6月1日と京滋方面より早い事もあり、本流調査をこれ以上は後回しにできない・・・・
今日はいつもの高速ルートが通行止めの為、別ルートからアクセスして気になる支流と本流調査に赴いた。
結果として魚の顔を拝めたのはラッキーだったが、毎度のお馴染みの大失態を・・・・・・・
今回もしっかりやっ散らかしてしまった。

<注記>公開が一週遅れですので、日付に留意してお読みください。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:38| Comment(0) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

新緑の渓を巡る高原のドライブ(←なんでや!)


■¥山川支流域(新場所探索)
■2014−5−10(土)晴れ
■ヤマメ4匹、あまご1匹
■同行者1名
GW明けの¥山川流域もそろそろ盛期を迎えたと見受け、今回は気になるエリアの探索に出向いてみた。
結果として、想像以上に魚が居てくれた渓もあれば、唖然とする様な流れもあって、それなりに気になっていたところは見て回れたと思っている。
しかしこの流域・・・
どうしてもエリアの広さに目移りするが、移動時間を頭に入れてその日の釣りを組立てないと、単なるリバーウォッチングで日没を迎える危険がある。
やはり、日帰りでは魚券が許す全域ではなくエリアを絞って覚悟を決める事が重要と思い知らされた釣行だった。
<注記>
一週間遅れの釣行記掲載です。あしからずご了承ください。


(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:53| Comment(0) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

『田鋤音』響く里川、『新緑』萌える山郷


■¥山川支流域(初めての渓・先週の渓)
■2014−5−4(日)晴れ
■ヤマメ6匹、イワナ4匹
■同行者1名
GWも後半となり4週連続となる¥山川流域もそろそろ新緑が萌え盛るシーズンとなり、水温も盛期に入ったと察して初めての渓に出向いてみた。
ところが想像以上に里川の雰囲気が色濃く、午後からは新緑の萌えを求めて先週訪れた渓を再訪・・・・
色んな意味でGWの釣行は制限がついて回るが、この¥山川流域はアクセスもそこそこで込み具合も程々・・・・
この発見が一番大きいかも?・・と感じた釣行となった。
<注記>
誠に申し訳けございませんが、今回も具体的な河川名称を伏せております。
この様な想いに至った経緯については、こちらの机上編を御覧頂きたく、本件のご理解をよろしくお願い申し上げます。


(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 21:42| Comment(4) | 但馬に行く | 更新情報をチェックする