2013年06月15日

梅雨入りながらド渇水、小雨ごときに動かぬ魚


■天増川
■2013−6−15(土)小雨曇り小雨
■ヤマメ5匹(イブニング絡み)、日中渋くチビ三昧!
■同行者1名
ここのところのT川通いで釣れる魚も7寸・8寸・・・
このままこの感覚が体に染み付くと他の渓に行けなくなってしまう気がしてならない(笑)。
北近畿の渓を釣り場とする5寸男の私としては、一度この辺りでいつもの5寸・6寸に戻すべく釣り仲間と出向いてみた。
小雨が降りしきり風もなく、川面の陰影を気にせず釣れる絶好の日和と思えたが、絶句する程の渇水に高水温がトドメを刺したのかこの日の【一駆け】であるにも関わらず全く魚は喰い気無し!
そして今日はチビ三昧と諦め、下流域でイブニングを迎えた頃に魚が喰い気を出して動き出し、最後の30分で救われた釣りとなった。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
誠に恥ずかしながら、四ヶ月前の釣行記事です。あしからず・・・・・
<詳細を見る>
posted by bacoon at 00:00| Comment(0) | 湖北に行く | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

ハイフロートを試してみた日・・・


■T川
■2013−6−8(土)晴れ
■あまご7匹
■同行者なし
三度(みたび)車を走らせたT川釣行・・・
今日は渇水が予想される為、中流部に入って見る予定であったが到着時刻が微妙に中途半端であったことに加え、皆々考えが同じなのか既に朝一からの【一駆け族】で満杯状態・・・
結局、入渓できたのは【一駆け族】が立ち去った直後のいつもの場所・・・
三度(みたび)同じ様な条件で同じコースを釣るならば、渇水のハイプレッシャーである事を前提に、前回とは少し思考(指向?)を変えて同じドライフライでも性格が異なるアプローチを試みた。
結果としてはどちらも【一長一短】と言う印象であるが、それぞれの長所を踏まえて用いればこの渓での対処方法としては有効と見受けられる。
やはり今現在の渓流フライ事情を勘案すれば、これも選択肢の一つとしていて損は無いと実感した釣行であった。
注)一週間遅れのアップですので、ご参考になさる場合は日付にご注意下さい。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:08| Comment(2) | 湖北に行く | 更新情報をチェックする

2013年06月01日

あまごとイワナの主権争奪???


■T川
■2013−6−1(土)曇り晴れ曇り
■あまご8匹、イワナ12匹
■同行者なし
先々週の状況が一過性の表情なのか?それとも定在的傾向となっているのか?
この辺りを確認すべく、再訪して同じ様なドライフライのアプローチで釣り上がってみた。
入渓直後、著しい水温の上昇に驚かされ不毛状態に突入したが、予期せぬ状況でカゲロウが舞い始めると魚が動き出したと見えてポツリポツリと顔出しがあるものの、やはり総じて以前程のあまごの魚影は感じられない・・・・
しかし、何よりも驚かされたのは総数が減ったと見えるあまごに対して、イワナの魚影が顕在化したことだった。
そして先々週にカワゲラのスーパーハッチに居合わせたイブニングは、数匹のカワゲラが飛び交う状況で日没・・・・
寒暖の差が激しい晩春から入梅へと急転する今シーズンは魚だけでは留まらず餌虫の連中も戸惑っているのかもしれない。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:55| Comment(3) | 湖北に行く | 更新情報をチェックする