2013年05月18日

深瀬流しは見切られ多発、狙いどころは浅瀬の不意打ち!


■T川
■2013−5−18(土)晴れ
■あまご4匹+スレ1匹、イワナ1匹・・・残念ながらT川サイズには御目文字できず!
■同行者1名
このところ腕前を上げてきたichr君のご要望に応えるべく、水先案内を兼ねて出向いてみた。
しかし、数稼ぎを優先させたゴールデンウィーク釣行の祟りとばかりに入渓直後からライントラブル連発・・・・
入渓したところは何時もの如く、既にどなたかが入られた状況での[後追い]であることが窺い知れたが、それを踏まえても非常にシビアで何時もの[モコッ!]は殆ど無く、[冷やかし尾鰭引っ叩き]と[疑り深いちょぃ摘み]が顕著でチビも含めて魚が顔出しする数はいつもの半分以下だった。
結局、鉤掛かりしたのは魚が瞬時に判断しなければならない浅瀬を小刻みに流して捕る方法で、今までこの渓ではやらなかった浅瀬の不意打ちで、久しぶりに訪れた今回の印象は魚が今まで以上に毛鉤にスレていると言う感じである。
「まぁ、言ぅたら他の渓とあんまり変わらん様になったんかぃ?」・・・とも思えてきた釣行だった。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 18:50| Comment(5) | 湖北に行く | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

悴むイワナと貪るヤマメ・・・


■天増川
■2013−5−4(土)晴れ曇り雨
■ヤマメ(天増アベレージやや小ぶり)14匹、小ぶりのイワナ20匹程度?!
■同行者1名
車中泊で出向いたゴールデンウェーク最終釣行・・・・
いつもは6月以降に訪れる夏の渓に、これまた久しぶりに朝一から入って見たものの、ここ数日の冷え込みで朝の水温は8℃を切る状況・・・
前半は水温上昇の待ち時間となるもウェットでイワナを狙う釣りが功を奏し、水温が10℃となったところでドライフライの釣りに転じてみた。
結果は魚が沈黙を破る如く、踝程度の浅瀬で貪り喰いのタイミングを引き当ててこの渓のアベレージ(やや小さめ)ヤマメがドライフライに連続ヒット!
低水温に戻って沈黙した渓が水温上昇に伴って一瞬で活気付く様子が伺えるラッキーな釣行となった。
やっぱりこの渓・・[夏の渓]と決め付けるのは少々もったいないかもしれない。

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 22:23| Comment(4) | 湖北に行く | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

柳が消えてもヤマメの渓で・・・(5寸男・再び参上!)


■美山川・河内谷特別区
■2013−5−3(金)晴れ
■ヤマメとあまご(17匹・・サイズは前回同様。)
■同行者1名
5日前に5寸前後が爆釣となった美山河内谷・・・振り返ると払い出しに出ていた5寸前後に気をとられて7寸・8寸を沈黙させてしまったか?と言う反省が残る。
GWの後半もまたまた高速が使えない状況でもあり、この反省を確かめたくなって性懲りも無く出向いてしまった。
しかし、この数日の冷え込みで前回10℃の水温は9℃を切ってドライフライには厳しい状況・・・・この為なのか前回程の『入れポン』ではなかったが、それなりに魚は顔出ししてくれた。
結局のところ・・・どこをどのタイミングで狙おうが8寸には御目文字できず、サイズはやはり5寸中心の6寸止まり・・・
このまま頑張って夏を越えて残ってくれれば秋にサイズアップの期待は持てるが、ここは[お持ち帰りの釣り客]が主体である故、願っても難しい状況と察する。
この渓が解禁するたびに毎回想うことではあるが・・・
ネコ柳が消え様が、「まぁ・・何匹かは残して絶やさん様にせんと!・・・ねっ!(笑)」

(結果だけ簡単に見る・・編集中)
<詳細を見る>
posted by bacoon at 21:13| Comment(3) | 京北に行く | 更新情報をチェックする